wonder PHOTO POJECT

 

wonder「ボクの左側」

it was "dramatic every day".
 
  

scene#12 零れ落ちる水粒

「ほら、また。」
 
少し怒った口調でそういうと、彼女は両手でボクの頬を優しく包み込み、俯くボクの顔を目線が合うように持ち上げた。そして小さな口を尖らせながら彼女は言う。
 
「ねえ、あなたの瞳が茶色いのはコーヒーが好きだから?
 
ああ、またそれだ。今朝も同じことを言われたんだっけ。
 
「瞳ってね、あなたが思っている以上にキラキラしているんだよ。」
 
彼女は「ほらっ」と、互いの鼻先が触れるくらい顔を近づけてきた。
 
「でもね、今のあたなは違うの。そこにあるコーヒーの色と同じ。とても暗くて寂しい色しているの。」
 
と、目を潤ませて言う。そして。「それに・・・」と続けようとしたが直ぐに口を噤んで言葉を飲み込んだ。その言葉に押し出されたように、彼女の目からポロポロと水粒が零れ落ちてきた。
 
ああ・・・
 
彼女の泣き顔を見てあらためて実感する。ボクは、人の涙を見るのは苦手だ。彼女にかぎったことではない。その人にとってどんな言葉が最適なのか。たとえそれが分かったとしても、声にするタイミングが分からない。ただ、ただうなずくだけで、ボクがいかに無力であることを、いつも思い知らされるのだ。
 
お願いだから、ボクの前で泣かないでくれないか? 
 
でも、ひとりきりで泣かないで欲しい。
 
そして、ボク以外の男の前では涙を見せないでくれ。
 
「最低な男」と呆れるかもしれない。そして。矛盾していて、まるで子供の我儘だ。と、言われても反論することはできない。まったくその通りなのだから。でも、これが、ボクの正直な気持ちなんだ。
 

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |