wonder PHOTO POJECT

 

wonder「ボクの左側」

it was "dramatic every day".
 
  

scene#03 いつもの景色

彼女は黙ってボクの手を取り駅へと向かう。
近道のために横切る公園には昨日降った雪が残っている。彼女は遊歩道にさしかかるとボクの左側に並んで歩き始めた。彼女は必ずボクの左側を歩く。ベンチに座る時も左側。ベッドでも左側。その都度、どうしていつも左側なの?と、聞くと
 
「だって、私の横顔、あなたは右側が好きなんでしょ?」
 
ボクは今までそんなこと一言も言ったことないのに、必ず、そう答える。だから、左側を見るといつも彼女がいる。
 
彼女の横顔。彼女のやさしい笑顔。見慣れた景色。
 
「冬は色が無くなるから嫌い。でもねー・・・」
 
と、周りを見渡した後、彼女はボクから離れて、雪の残っている空間へ走り出し
 
「雪はキラキラしているから好き!」
 
と、雪を手ですくって軽く丸めてボクへ投げつけて、はしゃぐ。
右足と右手を一緒に前に出して投げる、変な格好の投げ方。うまく投げれなくて足元に届かない雪玉。地団駄をふむ彼女。それを見てボクは思わず笑う。
そして、彼女も笑う。
 
「ねえ、雪だるま作ろっ。」
 
と、言って、また彼女はクシャっとした笑顔を見せる。
両手で雪をかき集める彼女にボクは近寄り、後ろから抱きしめ右頬にキスをする。
 
「ほら、それだよ。」
 
ボクの左側、
やさしい笑顔、
見慣れた景色。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |